存在感のある「間仕切り家具」は寝室側ではパソコンスペース,本棚,クロゼット,押入の機能を併せ持ち、反対のリビング側では本棚や飾り棚アンプやDVDデッキが納められています。テレビとDVDの配線は床下を利用しています。

またキッチンとリビングの間にあった壁を取り除き、食器棚を作りつけました。Barカウンターのようでもあり、配膳の中継地点にもなります。食器棚の天板は天然大理石のビアンコカララを使用。ぐっと大人の雰囲気になったと気にいっていただいてます(^_^)v

 

下/ビフォーアフターの平面図。パッと見で、右側の方が部屋が広くなったように感じませんか?

廊下も部屋の一部に取り込んだ成果だと自負しています。心配は冷暖房の効き具合でしたが、タワーマンションということもあり、各住戸へのアクセスは内廊下を採用しているので、まったく気にならないとのことでした。